1. TOP
  2. ロゴマークと名刺のまわり 包装紙と猪熊弦一郎 その1

ロゴマークと名刺のまわり 包装紙と猪熊弦一郎 その1

 2015/09/04 コラム
この記事は約 2 分で読めます。 157 Views

● ロゴマークと名刺のまわり 包装紙と猪熊弦一郎 その1

ぼくは、ロゴマークや名刺をはじめとする、グラフィックデザインの仕事をしていますが、そのまわりにあるものについて、お話したいと思います。

名鉄バスセンターのエスカレーターのところに、こんな絵があります。あ、名古屋です。

猪熊a01

昨今のことではありません。1967年に、日本初の立体バスターミナルとして開業以来ずっとです、だと思います。

ぼくは、子どもの頃から、前を通るたびに、黄金の足あとだと思っていました。

猪熊弦一郎(いのくまげんいちろう 1902-1993)の作品で「黎明」です。

ちなみに、バスセンターは、帝国劇場の設計や、博物館明治村の初代館長も務めた、谷口吉郎の設計です。

猪熊さんのことは、ミモカができるまで知りませんでした。ミモカって?

猪熊a02

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館の愛称を、ミモカ(MIMOCA)と言います。

マルガメ ゲンイチロウイノクマ ミュージアム オブ コンテンポラリーアートの頭文字ですね。

猪熊さんは、高松、丸亀で少年時代を過ごし、丸亀市に作品1000点を寄贈しました。

ぼくは、はじめは、野外劇場のような美術館の建物に関心があって、出かけました。入館は大きな白い絵の中に、脇から入っていく感じです。

設計者は、谷口吉生。ニューヨーク近代美術館新館の設計でも知られます。愛知県では豊田市美術館もそうです。先ほどの吉郎さんとは、一文字ちがいですね、親子です。

猪熊さんは、ニューヨークにいたときに、吉郎さんに頼まれて、ハーバード大学に入った、吉生さんの親代わりになっていたそうです。

丸亀に行くと、丸亀城とミモカで、いちにちが終わります。

\ SNSでシェアしよう! /

ロゴマークデザインと名刺の作成。グラフィックデザイナー・三輪晃示@名古屋の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロゴマークデザインと名刺の作成。グラフィックデザイナー・三輪晃示@名古屋の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

miwakoji

この人が書いた記事  記事一覧

  • 企業・商品・イベントロゴマークデザインの作り方、依頼のポイント

  • ロゴマークデザインや名刺作成の過程@名古屋

  • 医療・介護関連職種の求人サイトのロゴマークデザイン作成と名刺作成の実例@名古屋

  • 農業の研究機関のロゴマークデザイン作成と名刺作成の実例@名古屋

関連記事

  • ロゴマークと名刺のまわり 活魚料理と戦隊モノ

  • ロゴマークと名刺のまわり 包装紙と猪熊弦一郎 その3

  • ロゴマークと名刺のまわり ぞうさんとカバ

  • ロゴマークと名刺のまわり 和菓子と忍者

  • ロゴマークと名刺のまわり 丸亀駅前とアクロポリスの丘 その3

  • ロゴマークと名刺のまわり 駅舎とかまぼこ